プラスチックフレームのデメリット

プラスチックは経年劣化に弱いです

お洒落の為に、メガネを日常的に欠けている人は多いです。一口にメガネといっても、メタルやプラスチック、べっ甲や樹脂など色々な種類の素材のフレームがありますよね。特にデザインがお洒落でカラーバリエーションが豊富なプラスチックフレームは、男女問わずに大人気です。弾力性があるので多少の衝撃に強いことも魅力といえるでしょう。ただしプラスチック素材の場合、使用年数が経過していくと素材の弾力性がだんだんと減少していくことがデメリットです。したがって、外部から一定以上の衝撃を受けると容易に折れてしまいます。また、プラスチックの中でもセルロイド飲場合、経年劣化で白くなったり、アルコールによる劣化が起きたりしやすいです。

プラスチックは微調整がきかない

プラスチックフレームのメガネは、掛け具合の微調整が全くできないこともデメリットといえます。そもそもプラスチックフレームは、外部からの衝撃を受けても壊れにくいように頑丈にできているのが特徴的です。そのため、金属などの他の素材よりも重量が重いです。また、プラスチック素材の場合、金属に比べると柔軟性に欠けるという難点もあります。つまり、フレームが合っていないと耳や鼻に重圧がかかりやすく、強い痛みを感じやすいです。したがって、眼鏡選びで失敗しないためには、お店で購入する際にはしっかりとフィッティングをすると良いでしょう。メガネの軽量性を細かく確認しながら、なるべく耳に負担がかからないフレームを選びましょう。